ANAカードをお得に発行できる、マイ友プログラムの紹介番号はこちら

ANA TOKYUカードのメリットは?お得に発行する方法教えます

 

TOKYUルートが使えるカードらしいけど、どんなメリットがあるのかな?オススメの発行方法も教えてほしい!

今回はこういった要望に応えます。

ANA TOKYUカード(ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード)は、陸マイラー活動をするにあたって、必携カードといえる1枚です。

なぜなら、ポイントサイトのポイントを交換率75%でANAマイルに交換できるから。

ANA TOKYUカードを発行すると、どんなメリット・デメリットがあるのか。

また、お得な発行方法について詳しく解説していきます。

※2022年3月末をもちまして、ドットマネーからTOKYU POINTへの交換ができなくなります。これに伴い、TOKYUルートは閉鎖されます。お得に交換したい方はお早めに。

本記事の内容
  • ANA TOKYUカードのメリット・デメリットが分かる
  • ANA TOKYUカードをお得に発行する方法が分かる
目次

ANA TOKYUカードのメリット・デメリット

まずはTOKYU ANAカードのスペックについて、以下に一覧でまとめました。

発行会社三井住友カード
国際ブランドMastercard
カードの機能クレジットカード、ANAマイル、TOKYU POINT、PASMO、定期券
追加サービス銀聯カード、Pitapa、ETC、iD
年会費2,200円 (税込) ※初年度無料
割引後の年会費826円(税込) (WEB明細・マイ・ペイすリボで年1回以上のリボ手数料の支払い)
マイル還元率200円=1マイル or 2マイル
マイル還元率0.5%~1%
10マイルコース登録6,600円(税込)
入会ボーナスマイル1,000マイル
継続ボーナスマイル1,000マイル
フライトボーナス10%アップ

注目すべきメリット・デメリットをピックアップしていきます。

  • 多彩な機能が搭載された万能カード
  • 割引後の年会費が826円で安い
  • 入会・継続ボーナスマイルが1,000マイルもらえる
  • ポイントサイトからのマイル交換率75%!TOKYUルートが利用できるように
  • 海外旅行保険内容が物足りない
  • 2倍ポイントコース登録(年6,600円)の出費が痛い

順番に解説していきます。

メリット① 多彩な機能が搭載された万能カード

ANA TOKYUカードは、クレジットカード、ANAマイル、TOKYU POINT、PASMO、定期券、さらにはETCやiDまで利用可能。

PASMOは首都圏での電車だけでなくSuicaエリアでも対応しているので、全国各地で使えます。

しかも国際ブランドがMastercardなので、海外でも使える場所が非常に多くて安心。

非常に利便性が高いので、普段使いのカードはANA TOKYUカード1枚でも十分といえるでしょう。

メリット② 割引後の年会費が826円で安い

ANA TOKYUカードの通常の年会費は2,200円(税込)です。

でも年会費の割引制度を利用すれば、最大割引で年会費826円まで抑えることができます。

割引の条件は、

マイ・ペイすリボに登録して、年1回以上のリボ払い手数料を支払う

といった内容です。

「リボ払い」と聞くと、高い金利を支払いそうで抵抗がある方もいるでしょう。

でも「毎月の支払額=カード限度額」に設定できるので、実際はリボ手数料を毎月支払う必要はありません。

ただし、年に1回以上はリボ手数料の支払いが必要なので、ひと月は以下の設定をしておきましょう。

リボ手数料を発生させる3つのステップ

【リボによる月の支払額:3万円、自分が使用したカード利用額:10万円の場合】

STEP
マイ・ペイすリボ支払い金額を設定

毎月の支払い額を設定します。

自分が実際に利用する金額未満になるように、万単位で金額を設定しましょう。

今回の例では3万円とします。

STEP
月の利用額が確定したらV-Passへログイン

ANA東急カードは毎月15日締めで、25日頃に利用額確定メールが登録アドレスに送られてきます。

金額を確認して、カード管理ページ「V-Pass」にログインしましょう。

STEP
マイ・ペイすリボの臨時増額を申し込む

V-Passから「臨時増額の申込」を行いましょう。

3万円支払うところを千円単位で増額して、99,000円の支払いに変更します。

すると100,000円-99,000円=1,000円に対するリボ手数料が発生。(手数料は数円程度)

以上で、次月の請求額にリボ手数料が発生し、年会費の割引条件を達成です。

注意すべきことは2点あります。

「臨時増額の申し込み」を忘れないこと。

臨時増額の申し込みを忘れてしまうと、仮に 「支払設定額=3万円、カード利用額=10万円」の場合、 翌月に10万円-3万円=7万円に対するリボ手数料が発生してしまいます。

わた

25日頃に請求額の確定メールが来たら、すぐに臨時増額を申し込むように!

「毎月のリボ支払い額を増やしすぎない」こと。

リボ支払い額が利用額を上回ると、翌月のリボ手数料が0円に。

すると条件未達となって、年会費割引の対象から外されてしまいます。

難しい内容の説明をしてきましたが、リボ手数料の設定が面倒であれば、WEB明細の申込だけもお忘れなく。

WEB明細にするだけで、年会費を1650円(550円割引)にできます。

メリット③ 入会・継続ボーナスマイルが1,000マイルもらえる

カードの入会・継続でボーナスマイルが貰えるのは、ANA系カードの定番サービスです。

年会費を826円支払って1000マイルが貰えるなら、年会費は実質無料といえるでしょう。

一般的に1,000マイル=2,000円分の価値があるので、ANA東急カードは持っていて損はありません。

メリット④ ポイントサイトからのマイル交換率75%!TOKYUルートが利用できるように

ようやく最後のメリットとして紹介するのがTOKYUルート。

ANA TOKYUカードがあれば、ポイントサイトで貯めたポイントを「TOKYUルート」に乗せて、交換率75%でANAマイルに交換できます。

>>ポイントサイトの解説はこちら

各ポイントサイトからのTOKYUルート
TOKYUルート

各ポイントサイトからANAマイルに交換する途中で、TOKYUPOINTを通過する必要があります。

そして、TOKYUPOINTを扱うために必須なのがANA TOKYUカード。

例えばポイントサイトから10,000ポイントを交換する場合、ANAマイルに7,500マイルで交換できます。

数あるマイルへの交換ルートの中で、もっともマイル還元率が高いのがTOKYUルートなので、陸マイラーの注目が集まることも当然でしょう。

デメリット① 海外旅行保険内容が物足りない

ANA TOKYUカードの海外旅行傷害保険の内容は以下の通りです。

海外旅行傷害保険最高補償額
傷害死亡1,000万円
後遺障害40~1,000万円
傷害・疫病治療費用
賠償責任
携行品被害
救援者費用100万円
海外旅行傷害保険の内容

ハッキリ言って内容は物足りません。

わた

海外で病気になったり、荷物が壊れてしまっても、何の保証もなし!

ただし、海外旅行傷害保険は嬉しいことに自動付帯です。

他のカードと組み合わせて、保険内容を充実させるのが良いでしょう。

デメリット② 2倍ポイントコース登録(年6,600円)の出費が痛い

ANA TOKYUカードの通常のマイル還元率は200円=1マイル(0.5%)ですが、2倍コースに登録すると、200円=2マイル(1.0%)に上昇させることができます。

ただし2倍コースに申し込むには、年6,600円の出費が必要。

すると、TOKYU ANAカードは一般カードにも関わらず、年間7,000円以上のコストがかかってしまいます。

わた

ANA VISAワイドゴールドなら、はじめから2倍コースで、割引後年会費が10,450円!

ANAゴールドカードとの差が埋まってしまうので、ANA TOKYUカードをメインカードとして利用したい人だけが登録するべきでしょう。

ANA TOKYUカードをお得に発行する方法

次にANA TOKYUカードをお得に発行する方法を解説します。

お得に発行するには、以下の3つを行いましょう。

  • マイ友プログラムを利用
  • ポイントサイトを経由する
  • ANAのキャンペーンを利用する

順番に解説していきます。

①マイ友プログラムを利用

マイ友プログラムとは、ANAの友達紹介プログラムのことです。

カード発行前に事前登録をすることで、入会者・紹介者ともにマイルがプレゼントされます。

ANA TOKYUカードなら500マイル貰えるので、忘れずに登録をしておきましょう。

>>ANAカードのマイ友プログラム紹介番号教えます!【マニュアル有】

②ポイントサイトを経由する

ANA TOKYUカードはポイントサイトに案件が掲載されていることがあります。

2021年6月現在、案件は掲載されていません。

③ANAのキャンペーンを利用する

2021年6月4日現在、以下のキャンペーンが行われています。

ANA一般カード入会で、最大12,000マイルGET!

内訳は以下の通りです。

ANA入会キャンペーン内容
  • 通常の入会特典で1,000マイルプレゼント
  • ANAグループ運航便に1回以上の搭乗で1,000マイルプレゼント
  • 対象期間中に60万円以上クレジット決済すると10,000マイルをプレゼント

さらに加えて、通常の入会特典を合わせて9,000マイルを獲得できます。

対象条件はANAの公式ページに詳しく書かれているので、必ずチェックしましょう。

>>ANA公式ページ「ANAカード入会キャンペーン2021」

まとめ

ANA TOKYUカード(ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード)のメリットやデメリット、お得な発行方法について解説してきました。

冒頭でもいいましたが、陸マイラー活動をするにあたって、必携カードといえる1枚です。

あなたがもし本気でマイルを貯めたいなら、必ず発行しておきましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる